内側から美髪になる方法を詳しく紹介!

NG生活習慣してない?
内側から美髪になる方法

髪のサイクル

髪のサイクル

肌にターンオーバーがあるように、髪の毛も毛周期と呼ばれるサイクルによって生えかわっています。私たちの目に見えている髪の部分は毛幹と呼ばれる部分で、皮膚の下隠れている毛根には毛を生成する毛乳頭や毛母細胞と呼ばれる組織があります。この部分が栄養を取り込みながら髪を伸ばしてくれるのですが、髪がぐんぐん伸びる成長期のあと、毛母細胞の分裂スピードが低下して毛根が頭皮の浅いところへ移動する退行期に移り、その後完全に髪の成長が止まって脱毛する休止期に入ります。このサイクルが女性は4〜6年、男性だと3〜5年と言われています。

このサイクルが加齢や生活習慣の変化によって乱れると、髪が十分に成長しないまま抜け落ちたり、ハリやコシがなくなったりします。健康な髪を保つには、毎日のヘアケアだけでなく、正しい生活習慣も必要だということですね。では以下に美髪を保つための方法として、生活習慣と食習慣をご紹介していきたいと思います。

美髪のための生活習慣

ストレスをためないようにする

ストレスは血流を悪化させて毛周期を乱す大きな要因になります。ヘアケアの流れで蒸しタオルを頭に巻いてゆっくりお風呂につかったり、お風呂上がりに頭皮マッサージをしながらリラックスタイムを設けたりして、ストレス解消する時間を作るようにしましょう。

睡眠を十分にとるようにする

毛母細胞は睡眠時間中に分泌される成長ホルモンの働きによって栄養を蓄え、活発に活動します。そのため、睡眠不足や夜更かしは健全な毛周期を保つためには大敵です。髪にハリやコシがなくなってきたなと思ったら、睡眠時間を十分に確保するよう心がけてみてください。

適度な運動を心がける

毛母細胞に十分な栄養を届けるためには血行を良くすることも重要です。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続的に行うと血流が改善され、髪を美しく健康な状態に保つことにつながります。

肩こりに注意

肩こりが薄毛や抜け毛の原因というと少し不思議な感じがしますが、肩がこっていると血行障害を引き起こして頭まで十分に血が回らなくなるので、当然の流れですね。肩こりによって頭痛が発生するのも同じ仕組みです。肩がこったときは頭皮に栄養が回らなくなっていることを意識して、しっかりほぐすようにしましょう。

美髪のための食習慣

美髪のための食習慣

毛母細胞が血液から栄養を受け取ることで髪をしっかり成長させてくれているのならば、食生活が美髪と深く関わっていることは想像に難くありませんね。基本的にはバランスのとれた食事、つまり1日3食、栄養バランスの良い食事を摂ることをおすすめしますが、中でも美髪のために積極的に摂りたい食材は以下のとおりです。

□ 豆類

□ ゴマ類

□ 海草類

□ 野菜類

□ 魚類

□ きのこ類

□ 芋類

毛母細胞の分裂と成長を促すタンパク質やアミノ酸、ビタミン類を多く含む食材です。例えばご飯にサツマイモやしめじと海藻のお味噌汁、サラダ、納豆、焼き魚、それにお豆腐にゴマをかけて食べれば上記の食材をすべて網羅できますね。典型的な日本の朝ご飯です。

さらに食べるタイミングを一定に保つことによってホルモンバランスが保たれ、栄養の吸収率が高まります。食べる内容と時間に注意して、毎日しっかり髪に栄養を行き渡らせることを意識して食生活を送ってみてください。

PAGE TOP