アウトバストリートメントの正しい使い方を紹介!

効果アップ!
アウトバストリートメントの正しい使い方

アウトバストリートメントを使ってみよう

アウトバストリートメントを使ってみよう

アウトバストリートメントはシャンプーの次に使って洗い流すタイプのトリートメントと違って、お風呂から上がって乾いた髪につけるもの、というのはみなさんご存じですよね。でも細かいタイミングやつける場所、つける順番などはよくわからないという人も多いと思いますので、ここではアウトバストリートメントの使い方について、順を追って紹介します。

手順1:髪を洗った後、タオルドライをする

まずは吸水性の高いタオルで髪をしっかり包み込むようにして水気をとります。髪の表面に水分があるとトリートメントが馴染みにくいので、髪の内側や後ろ、毛先までしっかり水分を取りましょう。

手順2:手のひらにアウトバストリートメントをのせる

手のひらにアウトバストリートメントを適量のせ、両手で包んで手のひら全体に馴染ませます。髪に効果的にのばしていけるよう、指と指の間にもしっかり馴染ませてください。

手順3:アウトバストリートメントを毛先からつける

まずは毛先からスタートです。アウトバストリートメントがしっかりついた手で髪をつかんで揉み込むようにしてつけます。外側だけでなく内側からもつまんで、まんべんなくつけていってください。

手順4:髪の中間部につけていく

もう一度手にアウトバストリートメントをつけ、同じように髪の中間部につけていきます。内側も外側も両方とも手でしっかり揉み込んで、髪の手触りがしっとりするのを確認しながら行っていきます。

手順5:髪全体に馴染ませる

最後に髪の中間部から毛先についたアウトバストリートメントを髪全体に馴染ませるため、手で全体をつまんで揉み込んでいきます。このとき、頭皮にアウトバストリートメントが付着しないよう気をつけてください。シャンプーで頭皮まで洗うのとは違って、アウトバストリートメントをつけていいのは髪の毛だけです。

手順6:ドライヤーで乾かす

髪からドライヤーを20cmほど離して、少し遠めからドライヤーで髪全体を乾かします。髪が高温になりすぎないよう、注意しながら乾かしましょう。髪がしっかり乾いた後、最後にもう一度うっすら手にのせたアウトバストリートメントでまとめるのもOKです。

朝もアウトバストリートメントを使っていい?

朝もアウトバストリートメントを使っていい?

髪を整えるのは朝出かける前だけど、髪を洗うのは夜のほうが多いという人も多いですよね。アウトバストリートメントを使う時間帯に決まりはありませんが、基本的に髪を洗ってタオルドライした後、というのがベスト。髪がまだしっとりした状態の髪にアウトバストリートメントをつけることで、よりのびがよくなり、ムラにもなりにくいというのがその理由です。朝髪を洗うことはないけど朝使いたいという人は、一度濡らしてタオルドライしてから使うか、または乾いた髪専用のアウトバストリートメントを使うようにしましょう。乾いた髪に使うならミストタイプもおすすめです。

アウトバストリートメントを使うときの注意

アウトバストリートメントの使い方は簡単です。髪を洗った後に乾かす間に工程が1つ増えるだけ。暖かい部屋でテレビを見ながらでもできます。注意点を挙げるとするならば以下の2つ。これだけは気をつけて使ってください。

①頭皮につけない

頭皮にアウトバストリートメントが付着してしまうと、毛穴詰まりや肌荒れの原因となってしまいます。特に油分が多いタイプのものは、そのまま毛穴に詰まると頭皮が脂っぽくなってフケの原因にもなりかねません。頭皮から少し離れた位置から下につけるように注意してください。

②つけすぎない

髪の長さによって適量があります。また適量は髪の多さにもよるので少なめに使いながら自分の適量を知っていくほかありませんね。まずはプッシュ式なら最初に1プッシュを手のひらにのせ、馴染ませてから使ってみてください。多すぎるとベタつきの原因になるほか、頭皮にも付着しやすくなります。

PAGE TOP